ZEPETO Safety Center

アメリカでは毎年9月に自殺対策強化月刊を定めており、今週が自殺予防週間に該当する週になります。また9月10日は全世界で自殺予防の行動を促す世界自殺予防デーと定められています。多くのコミュニティが力を合わせ精神健康の重要性に対する認識を高め、困難に苦しむ人々を理解し、周囲の誰かが苦しんでいたら助けを差し伸べる努力をしなければなりません。

精神的健康や自殺、自害の問題は、私たちの社会、特に青少年を絶えず脅かしています。アメリカでは、青少年の自殺率及びうつ病のイラストを描写する青少年が急増しており、2007年からは指標が60%以上も急増しています。そして2019年の世界中の15歳から29歳までの死亡原因第4位が自殺でした

New York TimesのMichael Barbaroが行っているポッドキャストでは、Matt Richtelが「若者の人生への脅威、その本質が変わった」というシンプルかつ衝撃的な言葉を残しました。

その議論では、青少年の精神的健康危機を取り巻く二つの重要なテーマを取り上げていました。一つ目は、自殺率とうつ病がなぜ急増するのか。二つ目は、事前に予防、防止することはできなかったのか。

そして、二つの重要で根本的な要因を提示しました。一つ目は、青少年たちが体験するリスクが表面的なリスク(暴音、薬物、未成年者の妊娠など現実的なリスク)から内面的なリスク(不安、鬱、孤独)に転換されるという点です。二つ目は、思春期に関する神経学的な変化です。

技術中心の日常は、脳における感情と社会階層の競争を主観することに非常に敏感であるのに対し、反応と対処、処理の制御に関する部分がまだ十分に発達していない青少年を情報を垂れ流しにしています。何が重要であるかを取り除き、処理する役割を果たすツールがない場合は、この矛盾から不可逆的な恐怖を作り出します。

Richtelは、「若者の脳の調節機能を部分的に遂行する構造を、私たちがきちんと提示しなければならない」と述べています。これがどういう意味なのか、説明いたします。

コミュニティの一員として、大人として、保護者として、友人として誰かの悩みを聞き、感情を確認し、共感と支援を惜しまない、そのような瞬間を通して行動することから始まります。

ZEPETOは、クリエイティブな技術プラットフォームです。ZEPETOサービスは、ユーザーにとって肯定的な体験や否定的な体験を引き起こす可能性があります。これを認識し、被害の可能性を最小限に抑え、被害が発生した場合は積極的に支援することまで、すべてが私たちの責任です。

ZEPETOでは、このような支援を実行しています:

  • コミュニティガイドライン&モデレーティングコミュニティガイドラインは、ZEPETOの北極星のような存在です。安全性、包容性、多様性、尊厳性、創造性といった私たちの中核的な政策価値観を強調すると同時に、実行できるようにします。ユーザーがダイナミックに進化する生態系を作っている今、ガイドラインは有害なコンテンツを防ぎ、ユーザーを保護し、他人の安全と安全を損なう行為を禁じています。モデレーティングチームでは、人的レベルのレビューやプロフェッショナルツール、技術を活用し、コミュニティの健康への脅威を特定し対応します。そしてユーザーが懸念している部分があれば報告し、支援することを奨励します。
  • 危機状況のサポート:近頃、困難なユーザーを支援するための新機能をリリースしました。
    • ユーザーは自害または自殺をほのめかす他のユーザーを匿名で通報することができます。申し立ての受付次第、ZEPETOチームは通報されたユーザーにグローバルおよび32ヶ国の直通相談情報を含む「危機状況サポート」ページへのリンクを送信できます。
    • ユーザーがアプリで「自殺」または「自害」と検索すると、「危機状況サポート」ページへのリンクを送信します。
  • コラボレーション:Puff Puff: ZEPETOのコミュニティに共同意識と高揚を提供するため、友情、仲間との関係、そして確認の価値を促進する特別なイベントで、肯定的な励ましを示す仮想インフルエンサーPuff Puffと提携しました。共感と回復力のための新しいメディアアイコンであるPuff Puffは、ZEPETOコミュニティを維持するために努力する価値を表しています。パートナーになった動物人形アイテムとこれらの価値を表現する三つのユニークなポーズを作成し、ユーザーがPuff Puffと一緒に自分のコンテンツをパーソナライズできるようにしました。このコンテンツコラボレーションを通じて、あらゆる背景の人々が闘争から勝利に至るまで、自分の個人的な話を共有し、サポートするコミュニティ内で相互インスピレーションを得るための安全な空間を提供することを期待しています。
  • パートナーシップ:より多くのユーザーを安全に保護するには、業界の同僚とその分野の専門家との知識共有コラボレーションが不可欠です。自殺と自害へのアプローチが十分な情報と証拠に基づいていることを確実にするために、適切なパートナーシップを構築することに尽力しています。

精神健康上の問題と自殺、自害の増加は、社会全体の対応を必要とする一種の進化型課題です。潜在的なダメージを最小限に抑えるために業界全体で同僚を通じ影響力を強化し、所有者の意識を持ち、個人が責任を負うことは、継続的な運動の一環であると言えます。

ZEPETOは、プラットフォームを活用して将来の世代の創造性と自由な表現がうまく成長できるよう専念しています。すべての人たちの旅がさまざまであることを理解し、より安全で豊かな体験を作るために細心のツールと有用な資料を絶えず構築していきます。

あなたやその周辺の誰かが自害や自殺を考えて苦しんでいる場合、または感情的な支援が必要な場合は、いつでも助けを求めてください。 ZEPETOの危機状況サポートページにアクセスし、あなたが感じた感情に関する、助けを差し伸べてくれる誰かと話してみてください。

Jackie Lho, Policy & Partnerships Manager, Trust & Safety と Janice Chung, Content Programming Lead

Translate »
%d bloggers like this: