ZEPETO Safety Center

ZEPETOが児童青少年保護に先駆けている国際インターネットホットライン協会インホープ(INHOPE)とパートナーシップを締結しました。 これにより、ZEPETOとインホープは、モニタリング技術の高度化、届出ホットラインの構築など、オンライン児童性搾取の根絶のために全方位的に協力する予定です。

インホープはオンライン児童青少年保護のための国際ネットワーク機関で、1999年ヨーロッパで始まり、現在米国、日本、タイなど46カ国に50のホットラインを構築しています。 ホットラインが構築 されている国では 誰でも搾取物を匿名で報告することができ、報告されたコンテンツは専門のアナリストによって調査後に削除されます。

インホープは法執行機関、グローバルNGO、テク企業と協力し、▲性搾取対応プロセスの改善、▲モニタリング技術革新など、オンライン児童性犯罪予防のために様々なプロジェクトを推進しています。 現在、インホフの公式スポンサーパートナーとしては、Google、メタ、チックトーク、インターポール、テク・コアリレーションなどがあります。

今回のインホフとのパートナーシップによって、ZEPETOはグローバルスタンダードに合った技術と政策を導入し、児童性搾取物の根絶のための国際的な努力に持続的に参加してい く予定です。

子供と青少年が安全な環境でZEPETOを楽しむために、さまざまなスキルと機能をさらに高度化し ていきます。

オンラインで児童・青少年性的虐待資料に触れた場合、インホープホットラインに届け出ることができます。 各国のホットライン情報についてはinhope.orgをご覧ください。

By Jackie Lho, Policy & Partnerships Manager – Trust & Safety 

Translate »
%d bloggers like this: